こんにちは!

時短料理マイスターの

遠藤早智です。


今日は
この時期にありがちな
むくみを改善するためのお話をします。


まずむくみの原因
何だと思いますか?

大きな原因は二つあります。

一つは
冷房により身体が冷えることなんです。


血液や水分のめぐりが悪くなると水分が血液中からもれだしてしまいます。

それが、わたしたちの身体の細胞と細胞の間にたまってしまい
むくみがでてしまうというわけです。


とくに足の筋肉量が少ないと、
足先から血液を押し戻す力が少なく
注意が必要だそうです。

私も足の筋肉量が少なく(=脂肪が多い)
ふくらはぎを時々もんだりしています。

もう一つは
自律神経の乱れからです。

今の時期は特に、室内と室外の温度差により、
体温の調整に負担がかかってしまうため、
自律神経が乱れやすくなると言われています。


自律神経は血管の働きや体温を調整しています。
乱れることで血行が悪くりなり
むくみや冷えにつながることもありま
す。

また、自律神経が乱れるとめまいがしたり
交感神経が長く続くと
夜なかなか寝付けなかったり

免疫力の低下にもなってしまうのです。


生理前や妊娠中・更年期によるホルモンバランスの変化のほか、

精神的なストレスなども自律神経を乱す原因
です。


それでは
改善策として身体のケアと食事があります。




まず、私も定期的にしておりますが
リンパを流して老廃物を排出してもらう
リンパマッサージを定期的に受けること
です。


マッサージ後はマッサージ前より
脚が細くなっていて驚きますが
むくんでいたということですよね!


また、むくみを改善するため
食事の点からですと
このような食品を意識して摂ると良いでしょう
^^






1.かつお、マグロ、

2.レバー、大豆、大豆製品

3.きゅうり、ごぼう

4.アボカド、バナナ


食物繊維の多い食材を使った料理を
意識して食べることが、
やはり大事なこと
ですよね^^




>>献立レシピのご利用はこちらから


料理の時短が気になる方はこちら

30分で3品調理!人生が変わる
時短思考オンラインセミナ


>>セミナーの開催日程はこちら