料理で塩分を摂りすぎの5つのリスクとは?

こんにちは!

時短料理マイスターの
遠藤早智です。



今日は
料理で塩分を摂りすぎの5つのリスクとは?】について
お話しさせていただきます。


栄養と健康のことを無視して
自己流の献立と料理をしていると
生活習慣病になる可能性が高いですね!



知らず知らずのうちに
塩分の多いお惣菜や加工食品を
食べていませんか?


また、何となくスナック菓子を食べたりと。。

この知らず知らず、が怖いのです


以前、塩分を取りすぎている方がいらっしゃいました。


身体はむくみ、半年ぐらいで10キロ以上太っていき
ある日突然、救急搬送になった
そうです。


本当のところ
ある日突然ではなく、日々の積み重ねで
そうなってしまったわけです。


このまま塩をとり続けると、リスクが沢山あります。



5つのリスクとは、このようなことになりますね。


1. 塩分の摂りすぎで味覚が鈍くなり、
 過剰な塩分を摂取していることに気付かない


2.それまでも塩分の多いものを食べていた傾向があり、むくみやすい。

3.高血圧

4. 血管や心臓に負担がかかり、
 動脈硬化や心臓肥大


5.脳卒中や心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈瘤、   
 腎不全など、循環器系の病気のリスクが高い


塩分の摂りすぎは
「死因で多い生活習慣病のオンパレード」
なんですよね。


お惣菜、加工食品、ラーメンなど
塩分の多い食品ばかり食べていることで

生活習慣病だけでなく、、
人柄、性格にも影響がでてきます



生活習慣を変えて
病気にならないサポートをしていくことも
私の使命と思い
約700レシピ作成しました。







時短で簡単に栄養バランスの良い
食事を作っていきたい方はこちらをご覧下さいね!



>>献立レシピのご利用はこちらから




お問い合わせ、申し込みできるかのご確認は
こちらから

ダンドリクッキング公式LINE



?Gg[???ubN}[N??