時短簡単レシピ

作り置きおかずの冷凍保存方法

Happyファン♪クッキングコンサルタントの

遠藤早智です。

料理時間を短縮し、仕事と家事を両立させたい人のサポートを

しております。




私のダンドリクッキングのメソッドと

オリジナルの魔法のダンドリシートで料理の段取をりを学んだ方で

3コマレシピ集があれば、

日々のお料理もあれこれ迷わず、ほとんどの方がスムーズに30分で3品つくれます^^







それがそうは言っても難しい、できない

やっぱりお料理に時間がかかる

帰宅後すぐに作って食べたい

手早く作りたい・・・




そんなふうに思っている方や、

まだ「魔法のダンドリシート体験会」を体験されていない方のために、

今回は週末や余裕のある時にやっておける

作り置きおかずの冷凍保存方法についてご紹介いたします!




作り置きってことは、結局他で時間をとるわけだから、同じじゃない?

と思っていませんか? 以前の私はそんなふうに思っていました。




しかし、実際は!

帰宅してすぐ夕飯を作りたいのだけれど、

それに時間がだらだらとかかってしまうことと、

事前に準備しておくことで、限られた短時間の中で

パパッとスムーズに作れることは、気持ちの上でも全く違うのです。




冷凍保存の方法

1.調理した熱いものは、必ず冷ます。

熱いまま冷凍庫に入れてしまうと、冷凍庫の温度が上がり凍るのに時間がかかるだけでなく、

他の食品もいたみます。

今回豚肉とにんじんをフードプロセッサーでみじん切りにし、味付けして加熱しました。












2.ジッパー付きの保存袋に日付と中身を書き、小分けにする。

お弁当や一人分、家族の一食分のお料理に使うものと、量をかえても良いですね。

我が家は少ないものは娘のお弁当用です。

今日夕飯のおかずを多めに作り、作っている最中にこの作業をやっておきました。

もちろん、調理が終わった後や買い物から帰宅された後など、時間のとれるときでOKです。







3.ジッパーの袋は薄く平らにし、空気を抜く。

薄く平らにすることで、冷凍庫の場所を有効利用できます。

食材は空気に触れると雑菌が繁殖しやすくなるので、

空気をしっかり抜いてぴっちりと密閉します。










冷凍保存のアドバイス

1.素早く凍らせる

金属製のトレー(ステンレスのバッドなど)にのせると、急速急冷できます。




2.なるべく早く食べきる

冷凍しても参加や乾燥で味や栄養価はどんどん落ちていきます。

できるだけ早く使い切りましょう。

目安が1か月以内と言われていますが、我が家では1週間から

遅くとも10日以内で食べきるようにしております。




3.冷凍に向かないもの

水分や繊維の多い食品、豆腐、タケノコ、こんにゃく、山菜の水煮、

牛乳、生クリーム、モッツアレラチーズなど




解凍方法

1.加熱解凍

下茹でした野菜や今回のような下味をつけたお肉などは、袋からそのまま出して煮たり焼いたりと、

凍ったままの調理でOKです。




2.冷蔵庫内解凍

肉、魚など生で冷凍したものは、冷凍庫から冷蔵庫に移しての解凍が

おすすめです。

食べる半日前ころに冷蔵庫に移すのがベストですが、朝外出前に夕食に使うお肉やお魚を

冷蔵庫に移しておくと、夕飯作りの頃に調理しやすくなります。




3.電子レンジ解凍

おかずなど調理してあるもの、一気に解凍加熱したいときに電子レンジを使用します。

電子レンジの電磁波で食品の栄養価が破壊され味が落ちるということが以前からの情報としてあるので、

その点が気になる方には常時使用はおすすめではありません。




冷凍保存のまとめ

上手に冷凍保存することで、その都度毎回一から調理する手間が省け、

調理時間を短縮できます。

料理も段取り8割と言われるように、事前の準備がとても大事です。

料理のレパートリーも多く、残り物の食材でメニューもパッと考えられ、

今とてもスムーズにできているのなら、すぐ調理できます。

しかし、ほとんどの方が準備がどれだけできているかで、調理の時間が

短縮されスムーズになるのです。

ぜひ出来ることから試してみませんか?




具体的にどのようなことをしたらわからない方、料理の段取りから学んでみたい方、

まずは、【魔法のダンドリシート体験会】で体験してみませんか?

詳細はこちらです?


時間をかけずに簡単に時短料理をしたい人のための「魔法のダンドリシート体験会」

残り物で出来るサイドメニュー、なす料理

30分3品同時進行で調理できる、ダンドリクッキング主宰

Happyファン♪クッキングコンサルタント

遠藤早智です^^




料理の悩みでよく聞くことの一つに、

「残り物で何を作ったらよいかわからない」

という悩み。




皆さんは、一つの食材からどれだけのメニューの引き出しがありますか?

この悩みは、レパートリーが増えれば解消できます。




今レパートリーがなくて。。。という方、それでも大丈夫です!

これから簡単なメニューだけを少しずつ知って、まず作ってみることです。

応用が全然できなくて野菜をダメにしてしまっていた私でも、

今は冷蔵庫を開けて5秒で、残りの食材からサイドメニューを決められるようになりましたから!




「一つの食材から何を連想できるか?」

と、連想ゲームみたいな感覚になってくると、

残り物で作ることも、楽しくなってきます^^




今回は一つの食材「なす」が余っていると仮定して、

サイドメニューになる簡単な「焼きなす」をご紹介します!




img_3023




【材料】2人分

なす 2本、油 少々、すりおろし生姜、大葉 1~2枚、ポン酢 適量

【作り方】

①なすを縦半分に切り、皮の方に縦と横に切れ目をいれる




img_3019




②フライパンを熱して油を少量ひき、皮が上になるようにしてなすを焼く。




img_3021




③火が通ってきたら、上下返す。




img_3022




④大葉を刻み、器に入れたなすにおろし生姜と大葉をのせ、ポン酢をかけて出来上がり!




img_3025

夏野菜ズッキーニを使ったレシピ

30分で3品同時進行で調理できる、ダンドリクッキング主宰

Happyファン♪クッキングコンサルタントの

遠藤早智です!




皆さんから料理のお悩みで良く聞くことが、

メニューを何にするか?

中でもメインは決まっていても、

もう一品のサイドメニューに何が良いか決められないとのこと。




そんな時は、その時期の旬のお野菜を選んでください^^

夏野菜は色々ありますが、その中でも今回は

ズッキーニ!!

ズッキーニのフリッターの作り方をご紹介します♪




IMG_3482




【簡単ズッキーニのフリッター】

【材料】2人分

ズッキーニ 1本、片栗粉 適量、オリーブオイル 大さじ1、     塩ひとつまみ




【作り方】

①ズッキーニを1cm弱の幅に輪切りにする




IMG_3478




②両面に片栗粉をまぶす

(本来はここで溶き卵につけてから片栗粉をまぶしますが、今回はより簡単にするためカット。味はそんなに変わりません。)

IMG_3481

③温めたフライパンに、オリーブオイル大さじ1を入れズッキーニを入れて両面焼く。




IMG_3480




焼きあがったらお塩をひとつまみ振りかけて頂きます^^




IMG_3482




夕飯にあともう一品、お弁当のおかずにいかがですか?

私も夕飯や娘のお弁当のおかずに時々作っています♪





時短簡単レシピ「冷や汁」

30分で3品同時進行で調理できる ダンドリクッキング主宰、

Happyファン♪クッキングコンサルタント

遠藤 早智です!




蒸し暑い日や暑くて食欲が落ちている時、さっぱりしたものが食べたくありませんか?

先日作って家族にも大好評だった簡単な「冷や汁」

作り方をご紹介します♪




IMG_3411




【材料】 2人分

絹ごし豆腐又は木綿豆腐1丁、きゅうり1/2本、みょうが1本、

大葉2枚、ごまドレッシング50cc、めんつゆ50cc、

浄水300cc、白ごま 小さじ1




【所要時間】2人分で10分以内




【作り方】

①小さなボウルか器に、ごまドレッシングとつゆの素各50cc、浄水300cc、白ごま小さじ1を入れます。⇒冷蔵庫で冷やす。




IMG_3404







②お豆腐をさいの目に切ります。

IMG_3403




③きゅうり1/2本を薄切りにし、器に豆腐ときゅうりをのせます。




IMG_3405




④みょうがは根元を切り落としてから、縦に千切りにします。

普段私あまり使わない食材と思いますので、切り方を順に記載しておきますね!




IMG_3466




縦に切る前に上の先端が乾燥していたら、切り落としてください。

IMG_3467




繊維に沿って縦に細く切っていきます。

IMG_3469




みょうがの千切りです?

IMG_3471




⑤大葉は2枚重ねて、下からくるくると丸めて千切りにします。




IMG_3401




2.3mmの幅で切っていきます。

IMG_3402




⑥③のきゅうりの上に冷やしておいた①の汁をよく混ぜてからかけ、

みょうが、大葉の順に中央にのせて出来上がり!!




IMG_3411




料理の工程は写真を見ると多いですが、切ったり混ぜたりだけの火を使わないメニューで、とても簡単です。

忙しい朝、朝食にもいかがですか?

作ってみた方、ぜひ感想を聞かせて下さいね^^